どうして毛が生えるの?

どうして毛が生えるの?

人間の表面には数百万本の毛が生えています。顔、ワキ、足、腕、VIOなど。露出が多いところやきになるところに生えてくる、太くて色素のの濃い毛を『ムダ毛』と言われています。

毛は肌や体内組織を守ったり、保温したりする重要な役目がありますが薄着になる季節になると肌を見せる機会が多くなり脱毛をする人が増えました。

考えるとちょっと怖くなるけれど、実は今肌に見えている毛の2~3倍の量の毛が皮膚にうまっていて一定のサイクルで毛が生え変わっています。

どうしたら脱毛できるの?

健康な人であれば一つの毛穴に毛根が1~4個の毛根が眠っていて、この先についている毛乳頭へダメージを与えることで毛が生えにくい状態になります。

今見えている毛の毛根にダメージを与えても、毛根と毛乳頭が結合している『成長期』にダメージを与えることで毛が生えにくくなります。

毛が少なくなったり、生えなくなった状態になるためには、毛周期に合わせて複数回ダメージを与える必要があります。

毛の生え変わるサイクル『毛周期』

毛周期とは生えている毛が抜けて、皮膚の中で眠っている毛に生え変わる周期を毛周期と言います。

成長期

毛が成長しているこのタイミングで脱毛サロンで施術するのが脱毛効果が◎

退行期

成長期の終わり毛が血流と新たな毛を形成する細胞から隔離された状態。退行期に照射しても脱毛効果はありません。

休止期

脱毛し皮膚の中で眠っている状態。休止期に照射しても脱毛効果はありません。

毛周期に合わせて脱毛サロンへ通いましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする